ニュースリリース

1999 年 7 月 7 日

ハイパーマートの再編について

当社では、本日開かれた取締役会におきまして、1999年8月1日付けでハイパーマート26店舗を子会社の株式会社ダイエー・ハイパーマートに営業譲渡することを決定しましたのでお知らせいたします。

現在、当社では99年度をスタートとする「ダイエーグループ再生3ヵ年計画」を策定し、早期業績回復に取組んでおりますが、ダイエー単体につきましては営業力の回復を最優先で進めており、この営業戦略の一環として、業態の再構築を進めております。
たとえば、GMS業態については、アップスケール型、専門特化型、コモデティ型の3つのパターンを基本に、既存店舗の分類を急いでおります。
一方、ディスカウント業態については、ハイパーマートを核とした郊外型総合ディスカウント業態の方向で検討を重ねてまいりました。その結果、ディスカウント業態としての競争力の発揮と早期の業態確立のためには、独自のオペレーションに基づく別会社運営が最善の策との結論に達しました。
この結論を踏まえ、ハイパーマート38店舗のなかで広域商圏や郊外立地の26店舗を選定し、別会社に営業譲渡することにいたしました。また、残る12店舗については、立地特性を勘案してGMS業態への転換を進めてまいります。

今後、株式会社ダイエー・ハイパーマートは、生活必需品に絞り込んだ品揃えと絶対的価格の安さで独自のEDLP戦略を展開し、郊外型総合ディスカウント業態の確立を目指してまいります。
なお、1999年度上期の業績への影響はありません。

1.営業譲渡の内容
(1)営業譲渡日 1999年8月1日
(2)概要
●店舗数 ハイパーマート26店舗
●店舗面積 302、869平方メートル
●売上高(98年度) 174、000百万円(99年度新店3店舗の売上高見込み額を含む)
●従業員数(99/5末) 正社員1、123名 、パート・アルバイト3、350名(8時間換算)
●譲渡資産 約130億円(商品、貯蔵品)
●店舗名
釧路店(北海道)、上磯店(北海道)、旭川近文店(北海道)、滝川店(北海道)、いわき店(福島県)、石橋店(栃木県)、北柏店(千葉県)、酒々井店(千葉県)、長野若里店(長野県)、東郷店(愛知県)、多治見店(岐阜県)、東貝塚店(大阪府)、二見店(兵庫県)、三田店(兵庫県)、西脇店(兵庫県)、彦根店(滋賀県)、岩出店(和歌山県)、東広島店(広島県)、坂出店(香川県)、丸亀南店(香川県)、西条店(愛媛県)、千鳥店(福岡県)、須恵店(福岡県)、南長崎店(長崎県)、鹿児島谷山店(鹿児島県)、鹿屋店(鹿児島県)

2.営業譲渡先の概要
(1)商号 株式会社ダイエー・ハイパーマート
(2)事業開始日 1999年8月1日
(3)本店所在地 東京都板橋区大山東町25番13号
(4)代表者 代表取締役社長 上高正典
(5)資本金 5億円(増資予定)
(6)株主 株式会社ダイエー100%

3.GMS業態への転換について
ハイパーマート12店舗については、市街地、住宅地の立地特性や商圏を考慮しGMSへの転換で再活性化を図る。
● 店舗名
北広島店(北海道)、西岡店(北海道)、星置店(北海道)、蕨店(埼玉県)、松本店(長野県)、瀬戸店(愛知県)、岡崎店(愛知県)、鳴子店(愛知県)、富山店(富山県)、甲南店(兵庫県)、延岡店(宮崎県)、泡瀬店(沖縄県)


ニュースリリース掲載内容についてのお問い合わせは
株式会社ダイエー 広報部

ダイエートップへ戻るニュースリリーストップへ戻る

このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C) Copyright 2000 The Daiei, Inc.